アクセス抜群!台中のおすすめ安宿ホステルEASE SINGLE INN!…と第1回トイレパニック(台湾編)

こんにちは!Shellyです。

2019年6月、約2ヶ月間の海外旅行にバックパック一つで行ってきました!

世界一周…とは正直言えないですが、一応ルート的には地球をぐるっと一周するので「世界一周」ということで大目に見てください。笑

出発までの準備や手続き、費用などのお金のこと、女性ひとり旅ならではの情報や、トラブル、失敗談や体験談、後日談などを数回の記事に分けてご紹介しています。これから海外旅行を考えている方(特に女性)、海外に興味のある方、他人の旅の失敗談を酒の肴にしたい方(笑)等にお届けできればと思います。

今回は、台湾編②ということで、前回の台湾編①(前半)に引き続き、おすすめのホステルやレストラン、カフェ等をお伝えしていきます。その他の世界一周関連記事をご覧になりたい方はこちらの記事一覧(クリックで移動)のお好きなところからどうぞ。(随時更新・追加していきます。)

安い!アクセス抜群!台中のホステルEASE  SINGLE INNがおすすめ!

22時。夜市で歩き疲れ、友人に宿まで送ってもらいました。

私の台湾人の友達がおすすめして予約してくれたホステルです。一泊の料金は約4,000円

ちょっとボロめのビルの何階かにあり、エレベーターで上がります。(ホステルのフロアに着くまでは「ここ、大丈夫かな…」というくらい陰鬱としたビルですが、大丈夫です。笑)

フロアに着くと、明るく開けており開放感もあって「あ、良かった…」と少し安堵。

チェックインもスムーズでスタッフもフレンドリー。明るい雰囲気で、内装も可愛らしく、清潔感もあります。共用スペースでは色んな国の旅行者が思い思いに過ごしています。

宿泊エリアは男女で二手に分かれています。

靴を脱いで、専用スリッパに履き替え、自分の部屋に入ると…。

あれ、ドミトリーじゃない。

一人部屋でした。

私の台湾人の友人が予約してくれたので、私も完璧に任せっきりでしたが、勝手にドミトリーと思っていた私。

え、4,000円で一人部屋

安い。

部屋は本当に寝るためだけの部屋。ベッドと小さな机が置いてあるのみです。ちょっと閉塞感がありますが、問題なし。快適です。

部屋に入ると一気に疲れが出て、早速シャワールームへ。

シャワールームとトイレ等は共用で(男女は別)とても広く、清潔で何も全く問題なしです。ドライヤーなどのアメニティも揃っています。

共用スペースで過ごそうかと思いましたが、シャワーを浴びると最強クラスの眠気が襲ってきて、部屋から出られなくなりました…笑

次の日も友人と朝から待ち合わせをしていたので、就寝。

宿内の写真を撮るのを忘れていて大変申し訳ないのですが、おすすめの宿なので、もし台中で安宿をお探しなら、設備やサービス等の基本情報は一度HPを覗いてみてください。日本語で見られます。

宮原眼科を始めとした台中の観光名所や美術館、博物館も周囲にたくさんあり、アクセスも抜群です。

EASE SINGLE INN 台中市の公式HP

台中の隠れ家的グルメ。for Farm Burger 「田楽」 でモーニング

特に何もなく、ただ寝るだけだった宿を後にし、午前中からまた友人と待ち合わせ。

友人がよく行くというカフェ・レストラン「for Farm Burger 田楽」でモーニング。

小洒落たハンバーガー屋さんです。

朝からハンバーガー…とも思いましたが、これが結構美味しく、いわゆるパテ肉と野菜と濃いソースの”American Hamburger!!!!”といった感じのハンバーガーではなく、オープンサンドイッチのようなもので、味も台湾料理風で、オリジナリティのあるユニークなハンバーガーでした。

ボリュームがあるにも関わらず、意外とぺろっと完食。

メニューは中国語しかありません。

なんの茶葉だったかは忘れてしまったのですが、一緒にオーダーした独特な味のミルクティーがものすごく美味しかったのを覚えています。

あまり観光客や日本人には知られていない、地元の人が常連といった印象を受けました。とても美味しかったです。

中国語でしか見れませんが、以下、公式HPのリンクです。写真もたくさん載っていますよ。

for Farm Burger 田楽の公式HP

第1回トイレパニック@台湾台中市の公衆トイレ

この旅行中、何度かトイレに関する事件が起こりますが、この日はこの旅での記念すべき(?)初トイレパニックが起こりました。

キレイな話ではないので、読み飛ばしたい方はこちらへスキップできます。

モーニングを終え、友人とちょっとした手作り雑貨マーケットで買い物をしていました。(本当はこのマーケットの方をメインに紹介するべきなのですが、トイレ事件が記憶に残り過ぎて、自分の中でこのマーケットの記憶が薄れてしまってて)

しばらく買い物していると、先程「for Farm Burger」で飲んだミルクティーがあまりにも美味しく2杯も飲んでしまったのが仇となり、ものすごく急激にトイレに行きたくなってきたのです。

トイレはすぐに見つかったのですが、人気のなく薄暗い、何かの宗教的な建築物の裏にある外のトイレ。ひんやりしていて掃除が行き届いていない。よく分からない虫が沢山飛んでいる。しかし迫りくる容赦ない尿意。

光の速さで済ませようと思い、便座に腰掛けて用を足し、一安心。

目の前を飛ぶ虫を手で払いながら、トイレットペーパーに手を伸ば………

ない、トイペがない!!!!!

トイペどころか、ホルダーもない。

日本から持ってきたトイペはバックパックの中にあって、手元にない。慌てすぎた。うかつだった。

しかも、生理だったんです…この時。泣

拭きたい!!!拭きたい!!!私に尻を拭かせてくれ!もう、ここで私にトイペ1ロールくれた人には、その人の一生分のトイペをプレゼントする、それくらいの心境でした。

セカンドバックの中を覗いて、Eチケットの控えやらユーレイルパスやら、旅行保険証やら、ありとあらゆる紙を取り出して「こんなんで拭けるか!」と尻を丸出しにしたまま一人漫才を繰り広げていたところ、突然ふと気が付きました。

あ、ナプキンあるじゃん。

そう、生理中なのだからナプキンは持っていました。これしかない。

結局、満足いく拭き加減(?)になるまでにナプキンを5つ使いました…。当然、流せませんので一回一回外に出して後でどこかに捨てるしかなく、本当に「何をしているんだ自分は」と泣きたくなり、バックパックの中のトイペを持ってこなかった自分を心の底から恨みました…。

というより後で気がついたんですが、そもそもトイペを流してはいけない水洗トイレが台湾を含む他のアジア諸国では多く、みんな便器の横に備え付けられたバケツに入れたりするんですよね。

日本の常識は世界の非常識だったり。

再会!台湾!

第1回トイレパニックの後、友達に駅まで車で送ってもらい、新幹線で台北桃園空港へ戻ります。

本当に彼女と彼女の家族に良くしてもらったおかげで、台湾滞在中はトイレ事件以外は本当に快適に過ごせました。

食べ物美味しい、人が優しい。次に来る時にはもっと長く滞在したいなあ。台湾。

再会!台湾!

ということで、いよいよオーストラリアまでの長旅が始まります。次回、乗り継ぎの香港空港に向かって出発です。

 

世界一周旅行に関して他の記事をご覧になりたい方は以下の記事一覧のお好きなところからどうぞ!(随時更新・追加していきます。)
※現地での体験談の記事リストは下にスクロールしてください。

現地での体験談は下のリストからどうぞ !


この記事をシェアする